読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1日1みかん

好きなものについてつらつらと。基本的に殴り書き。

℃-uteと私

℃-ute

 

まだ書くには早いかもしれない。文章もまとまっていません。共感してほしいわけではなく吐き出したいだけなので、読んでくださる方はご理解よろしくお願いします。

 

 

 

℃-uteが解散することを発表しました。

 

http://www.helloproject.com/c-ute/news/5568/

 

 

 

 

 

モーニング娘。の人気がすごかった2000年代前半、保育園児だった私は周りと同じようにハロプロが好きでした。その後紆余曲折あり、当時1番好きだったメンバーの村上愛ちゃんがいる℃-uteを応援するようになりました。2006年の夏頃のことです。

 

 

 

今年の夏で応援し始めて丸10年になります。熱心な人に比べたらゆるゆるかもしれませんが、私の中で1番長く濃く応援してきたものです。これまで応援してきた理由は、私にとって℃-uteはキラキラ輝いていて魅力的だった。それが10年間変わらなかった。それだけです。

 

 

 

 

 

 

彼女たちのパフォーマンスで嬉しくなったり、励まされたことは数え切れないほど沢山あります。最近だと、SMAPのあれこれでメンタルがボロボロだった私は、ROCK in JAPAN の℃-uteのステージを見てるときだけは、嫌なこと全て忘れて心の底から楽しむことができました。本当にありがとう。

 

 

 

 

 

ずっと℃-uteとして活動してほしかったし、そうするものだと思っていました。なんで?、という気持ちもあります。ファンのエゴなのは十分承知ですが、一生℃-uteでいてほしかった。ハロプロから抜けてからの℃-uteを楽しく想像していたから、ハロプロになんかこだわってほしくなかった。

 

 

 

 

 

でもね、℃-uteとしても大好きだけど、1人の女性としても彼女たちが大好きなんです。彼女たちには絶対に幸せになってほしい。なるべきだと思ってる。だから、後悔してほしくない。

 

 

 

 

 

どんな話し合いが行われたかわかりません。各々何を思っていたか全部はわからないでしょう。きっと墓場まで持っていく話もある。だけど、悩んで考えて話し合って出した結論には変わりないと思います。

 

 

 

 

 

あの時言っていたことと違うじゃないか、なんでずっと℃-uteでいたいなんて言ったの?

言いたくなる。すごく言いたい。

でも、そんなことを言ってる時間があったら、過去を振り返るくらいなら、今は℃-uteが大好きな気持ちをありったけ叫びたい。彼女たちがやりきったと思えるように全力で応援したい。受け入れる受け入れないとか、納得するしないではなく、℃-uteへの愛を叫びたい気持ちの方が強いです。

 

 

 

 

 

℃-uteを応援していて、後悔したくない。村上愛ちゃんがいなくなった当時、もっと大好きな気持ちを伝えたかった、もっと好きと言っておけばよかったとすごく後悔しました。あの後悔はもう2度と、味わいたくないから。

 

 

 

 

 

これがきっかけで、℃-uteの曲を聴いたり、パフォーマンスを見たり、好きになってくれる人がいてくれるなら、彼女たちの素敵なところをたくさん宣伝したい。℃-uteはもっとたくさんの人に知ってもらいたいから。

 

 

 

 

 

綺麗事を言ってるだけと思われるかもしれません。実際終わりを迎えた時、私自身メンタルを保っていられるかわかりません(笑)

後悔したくない、℃-uteが好きで好きで好きでしょうがないから、私はありったけの愛を叫び続けます。