読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1日1みかん

好きなものについてつらつらと。基本的に殴り書き。

℃-uteヲタがSMAPファンになる話

 

今日は2016年9月9日。(だと思って読んでください。)

 

SMAP25歳のお誕生日おめでとうございます!!!!!

 

何か書こうと思ったのですが薄っぺらいことしか書けないので、せっかくだからファンになったきっかけを自己満足するために書きます。

 

 

 

 

 

もともと、うたばんはハロプロがよく出演していたのもあり毎週のように見ていて、気がついたら黒バラも録画しており、スマスマもたまに見る。音楽番組の特番の録画を見るときも、SMAPの所は飛ばさずに見る。お茶の間ファンとも名乗れるほどでもないけど、普通にSMAPは好きでした。

 

 

 

 

 

見方が変わったきっかけは、2014年12月1日放送のSMAP×SMAP。この日はUSJでのLIVE映像が放送されました。プロジェクションマッピングの演出とともに、Amazing Discovery を歌って踊るSMAPテレビを見て久々に鳥肌がたちました。

 

演出が豪華で、曲やダンスが自分の好みだったのもありますが、何よりSMAPのオーラが半端なかった‼︎めちゃくちゃかっこいい‼︎

 

今まで当たり前すぎて意識したことなかったこと、SMAPはアイドルであることを強く感じた瞬間でした。

 

 

 

 

 

そこから数日後、ネットニュースを色々見ている中、ある記事でこんなことが書いてありました。

 

SMAPは中居と木村が仲悪いから上手くいっている。」

 

(今、文字を打っただけでも意味不明だなと笑えますが) この一文を目にした時疑問を感じました。それまでもSMAPの不仲記事は度々目にしてきたけど、本当のところはどうなのだろうか?少なくともファンの人はどう思っているのだろうか?メンバーが仲悪いの分かって応援できるものなのか?

 

そんなことを考えて、私は安易に「中居 木村 仲」とググってしまったのです。2TOP(つとぷ)という名の底なし沼だとも知らずに。

 

 

 

 

 

浅はかだった…。あれよあれよと出てくる数々のエピソードや映像…。2人は高校の同級生で、某遊園地でダブルデートして、卒業式の帰りにお母さん合わせた4人でファミレスへ行き、木村さんは中居さんのこと子リスとか黒猫とか呼んじゃって、LIVEのソロパートのリハを至近距離で撮影してくる木村さんに「まあいいですけど、木村さんですから」と言ってしまう中居さんとか……………etc.

 

 

 

 

 

えっ、えっ、えっ、えっ⁇何これ⁇

誰かが書いた妄想小説じゃないよね?きちんと三次元で起こった話だよね?

 

こんな言葉が脳内を駆け巡り、私の中でSMAPに対してあった固定概念みたいなものは、このときバラバラに崩れ去ったのでした。

 

皮肉なことに、ネットニュースのデマ記事がきっかけで、私はつとぷにはまってしまったのです。

 

よく考えれば、グループ内の年上2人組を好きになる傾向がある私がつとぷにはまらない訳がなかった…。そういう運命だったんだ…。

 

 

 

 

 

そんなこんなで、彼らが出演するテレビやラジオ、載ってる雑誌などをたびたびチェックするようになります。SMAPのCDやDVDを友人から借りたりもしました。

 

だけど、趣味の中の第一優先が℃-uteであったり、、ジャ◯ーズ事務所にお金を落とすことに躊躇いがあったり(笑)と、中々一歩を踏み出す勇気がないまま2016年の1月13日を迎えてしまいます。

 

 

 

 

 

今までの報道とは明らかに違うことを時間が経てば経つほど実感し、18日のスマスマでの謝罪という名の"公開処刑"は見ていてとても気持ち悪かった。本当のことなんて一生分からないだろうけと、報道の中のSMAPと私の知ってるSMAPは別人だった。

 

このままの状態がすごく嫌で、SMAPについてたくさん調べるうちに、いつの間にかSMAPというグループのことが大好きになり、抜けられない底なし沼へと沈んでいきました…。SMAP恐るべし。

 

 

 

 

 

 

 

 

SMAPにはまるまでの過程で、見出しの℃-uteヲタである前提はあまり関係なかったですね(笑)

 

 

 

℃-uteメンバーがSMAPを1つの目標として掲げていたのも、気になりだしたきっかけではありますが、SMAP℃-uteに重なる部分があるから応援している感じはしません。

 

メンバーカラー構成がそっくりな所。もともと5人ではなく人数が減って5人になった所。(クオリティの差はあれど)LIVEでコントをやる所。考えれば共通している所は他にもありますが、どれも後から思えばという感じです。(両グループの一推しメンバーが、どちらもイメージカラーが青で、名字に“中”という字が入っていることに気づいたときはさすがに笑いましたw)

 

メンバーそれぞれの声質・歌声はバラバラなのに、ユニゾンになったらどの組み合わせもしっくりくる。ステージに対して常に真摯である。楽曲は多様であるがそのグループらしさがある。私がグループを好きになるこの3つの要素があったのが、たまたま℃-uteSMAPだったのかなーと思います。

 

 

 

 

 

こんな状況でも、SMAPを好きになったことを後悔していません。℃-ute関連の発表と被り、ダブルパンチはかなりきついですが、やっぱり好きになって良かったです。

 

 

 

ファンが25周年を盛大にお祝いする様子を見て、こんなに愛されるグループはないなと思いました。彼ら5人が揃った状態で、オリジナルの素敵な笑顔を見続けられることを願い、これからも希望を持って応援します。

 

 

 

 

 

SMAPありがとう。大好きです。これからも、くれぐれも、よろしくお願いします!